FC2ブログ

Calendar Z ver2.0.0

Calendar Z


ver2.0.0

 

【変更 #1】

新元号の令和に完全対応しました。ただし、当分の間は平成31年を併記します。

 

 

Downloadは、下をタップ


CalendarZ

 

スポンサーサイト

Calendar Z ver1.7.1

Calendar Z


ver1.7.1

 

【変更 #1】

新元号「令和」を記載しました。
ただし、正式な運用開始は2019年5月1日ですので、令和には( )を付けてあります。
2019年5月1日以降には、( )を削除したNewバージョンをアップします。

【変更 #2】

全ての元号の初年を1年としていたものを、元年と変更しました。

 

 

Downloadは、下をタップ


CalendarZ

 

Calendar Z ver1.6.0

Calendar Z


ver1.6.0

 

【新機能】

info画面にて、西暦を選択した年に応じて、現在年からの年の差を表示しました。簡易年齢計算としても、お使いいただけます。

 

 

Downloadは、下をタップ


CalendarZ

 

Calendar Z ver1.5.0

Calendar Z


ver1.5.0

 

【機能向上】

前バージョンからの更新頻度において、更に、バッテリーの消費を減少しました。

 

更新頻度が、00分、30分、1分、において、内部での更新タイミングを最適化しました。「1分」を選択しても、バッテリー消費を大幅に抑制することができます。このような事から、更新頻度の設定は、「1分」を初期値としております。

 

Downloadは、下をタップ


CalendarZ

 

Calendar Z ver.1.4.0

Calendar Z


ver1.4.0

 

【仕様変更】

前バージョン(ver1.3.1)において、Setting画面でBattery Save Modeを新設しましたが、今バージョンから、更新頻度に変更しました。

 

前バージョンのBattery Save Mode->OFFは、(更新頻度)常時とし、ONは、(更新頻度)手動としました。また、新たに00分、30分、1分を新設しました。

尚、WATCH画面の秒数ドラムの右側のupdateボタンは手動の時のみ表示されます。

 

参考)更新頻度が常時の場合、1/60秒毎にiPhone内部に、アクセスするので、バッテリー消費が最も高くなります。00分の場合、時刻が毎時00分時、10分の場合、10分毎、1分の場合、1分毎にiPhone内部にアクセスしています。

更新頻度は、特に23時59分から0時0分(日付が変わる時)に、WATCH画面の日付、曜日、出来事の表示、背景色選択がAUTOの場合には、背景色の変更と、その背景色の説明文。年が変わる場合には、西暦、和暦、年号、干支のイラストの変更に影響があります。

 

Downloadは、下をタップ


CalendarZ

 

カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR