私のオーディオ環境#4 A-30

私のオーディオ環境#4 A-30


次はアンプ、残金 35,000円
再度、オーディオを構築するための条件です。
①DACはできるだけ、単機能であること。
②価格は、DACとアンプの合計が100,000円以下
その後、アンプを買う予定があったので、
DACだけで、価格を決められませんでした。
③できるだけ、省スペースであること。
狭い環境なので、スペースは限られています。

条件①はすでに、クリアしているので、
次なる条件は②です。
DA-100が約65,000円ですから、
アンプへの割り当ては、35,000円です。

厳密に言えば、DACを買う時に使った
新幹線代が往復で、6,000円だったので
もっと少ないですが、
自分の中では、新幹線代はオーディオと
無関係と割り切り、残り35,000円だ。
と、押し切りました。

アンプ選び
予算は限られていたので、
アンプ選びは、DAC選びより簡単でした。
そこで、浮かび上がってきたのが、
Pioneer A-30
Marants PM5004
の2機種です。

アンプ試聴
当時、実売価格は
A-30が、約37,000円。PM5004が約30,000円。
と、PM5004が少し安価です。
私の好みのデザインは、A-30です。
実際に、試聴してみると確実に違いがあります。

ちなみに、DAC選びで一番最初に行った
(もう、二度と行きたくない)店ではありません。
結局、買ったのはヨドバシで、今回もヨドバシです。
なぜヨドバシか?
それは、品揃えも豊富だし、
試聴も気軽にできるからです。
ポイントも付くし、
これが後にとてもラッキーな事になります。

2機種の聞き比べですが、
A-30の方が確実に低音が響きます。
低音が出るではなく、確実に響きます。
これで、決断できました。
アンプはA-30です。

買うつもりは全然ありませんでしたが、
ついでに、私の好きなメーカーのLuxmanの
L-507uXを試聴しました。
金額で1桁違う、A-30の約10倍の値段のアンプ
音の違いは歴然で、すごいの一言です。
音の広がり具合といい、音の繊細さといい
全く別次元のものです。
3機種共に、試聴に使ったスピーカーは
同一のもので、5万円くらいの
ブックシェル型のスピーカーです。
値段の違いはこういうものなのかと
納得させられました。
いつかは、こういうアンプがいいな
と素直に思いました。
A30d
写真の、上にあるのがA-30です。
下にあるのが、グラフィックイコライザーの
ADC SS525xです。
ここまでで、音の流れが、
Mac Mini -> DA-100 -> A-30 -> BOSE111ADです。
SS525xで、音を変えるとあまりにも
不自然な音になってしまうので、
今は、フラットで音を聞いています。
しかし、音のスペクトラムは
目で見えるので、楽しいです。
A30h


次への触手は?もう終わり?
これで、最低限音楽を聴ける環境になりました。
もう必要なものはない。
はずですが・・・
それは、次回に。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR