スープラOH 回顧録#4 クラッチ編

スープラOH 回顧録#4

足回りでもう1つ
2011/7/30です。
まだ、足回りでOHしていない箇所がありました。
それは、クラッチです。
クラッチは、走っている限りにおいて、全然滑ってはいませんが、
ディーラーのスタッフの方に、忠告してもらいました。
言われてみれば、そうなのですが、
言われるまでは、全く気がつきませんでした。
クラッチがつながる場所が、クラッチペダルで言うと
かなり手前に移っていました。
半クラッチではなく、”1/4クラッチ”の感覚です。

即断、即交換
私のスープラは平成5年式です。
新品でとれない部品もだいぶあるようになってきました。
走行に支障が出るような部品は、まだあるようなのですが、
そうでない部品、例えば、ドアモールやエンブレムなどは、
すでに、部品の生産を終えているとのことです。

走行に支障が出るような部品は、まだ大丈夫であろうと、
できるだけ、早く新品の部品と交換したい
という気持ちがあります。
したがって、いかなる部品でも交換してもいい時期の前には
交換しておきたいです。

ちなみに、TRDのスープラ用クラッチはすでに販売が終わっています。

迷わず純正で
「できるだけ純正」のままが基本です。
TRDのクラッチがなければ、もう何も迷う必要はありません。
純正のクラッチと交換です。
今回は、クラッチ交換だけですので、
部品がディーラーに届く日と、代車の日程だけ決めて、
あとは、交換当日を待つだけです。

交換後、問題が・・・
クラッチ交換後、クラッチ操作で
「1/4クラッチ」から「半クラッチ」の場所に戻っています。
交換後、体感できた箇所はこれだけです。
これで、当分はクラッチの心配も必要ないと思っていたところ。

問題発生です。

ニュートラルで、クラッチを切らない状態でいると、
クラッチあたりから、「カラカラ、カラカラ」と異音が発生しているのです。
この状態でしか、起きない異音ですが、
いつでも、必ずこの異音が発生するわけではありません。
ディーラーのスタッフの方に連絡したところ、
実際に音を聞かないと、100%の判断はできないとのこと
ディーラーに車を持っていても、この音が発生しないと
判断できないのです。
こういう時に限って異音が出なかったりして・・・

実際にディーラーに行って、
診てもらったところ、実際に異音が発生しており、
やはり、交換したクラッチから異音が出ていると断定。

交換したクラッチが、クラッチカバーに当たった時にでる音でした。

ディーラーなので、100%安心、おまかせ
このような事は無いにこいたことはありませんが、
機械なので、100%無いことはないと思います。

しかし、ここはディーラーです。
安心して、任せられます。
やはり、純正で良かったと改めて感じました。
修理後は、完全に異音が消え、
とても、快適です。

今回の、クラッチ交換も大正解。

クラッチ交換費用 金55,000也

Supra20100109_126.jpg
2007/8/3当時です。
Supra20110115_084.jpg
2011/1/15 60,000kmになった時です。
他に、バイク×2台、ルミオンがあるので、走行距離は少ないです。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR