FC2ブログ

AdresV125 #3 ナックルエアロスクリーン

AdresV125(K7) #3


回顧
前回、AdresV125(k7)に、
2009年4月16日、
ナックルエアロスクリーンを装着した
Adres20090407_020.jpg
※前回、ご紹介分です。

http://kamejyu.blog.fc2.com/blog-category-1.html#entry182
事をお伝えしました。

Skywave400LTD譲りの
スクリーンとナックルバイザーが
冬には、本当に役立っています。
特に、ナックルバイザー部分は、
Skywave400LTDのそれよりも
覆う面積が大きいため、
Skywave400LTDでは、
手の甲の部分が風に当たっていますが、
ナックルエアロスクリーンでは、
手全体には直進の風は
一切直接当たりません。
グリップヒーターがないAdresには
本当に効果的です。

暖かいとは言いませんが、
冷たくありません。

でも、スクリーンが・・・
ナックルバイザー部分は文句なしに良いです。

しかし、スクリーン部分が・・・
装着した当時には、全然気づかなかったのですが、
翌日、Adressに乗っていて、

何かが違うな・・・。
何が違うのかな?

分かりました。
音です。

風切り音です。

60km/h以下では聞こえないのですが、
それ以上の速度になると、
本当にうるさい、いや
本当に耳障りな、風切り音です。

スクリーンのトップの所からの風が
ちょうど、Just、
ヘルメットに当たるのです。
しかも、耳の高さの部分です。

ライポジ変更では
スクリーン部分で(悪)整流された風が
耳の高さにこなければ、聞こえないはず。

それで、様々なライポジをとりました。
試行錯誤の結果、風切り音が聞こえない
ライポジが1つありました。

それは、上半身を後ろに反り、
更に、頭を上にあげる姿勢です。

よし、これでいこ・・・
いける訳がありません。
この姿勢では、前が見えないのです。

60km/h以下であれば、風切り音はありません。
しかし、現実問題60km/h以下で
走行し続けることは不可能です。

バイク屋さんへ、相談だ。
どうしようもなくなり、
バイク屋さんへ、相談に行きました。

これまでの経緯を話し、
「もうナックルエアロスクリーンは、
要らないので、他のお客さんに、
無料でも、譲っていいですよ。」と、私。

バイク屋さんの店長さんが、
「1人が要らない物を、
誰が要りますか?」と
ごもっともな、返答でした。

そして、店長さんのアドバイスです。
「先端の部分を切ってしまえば?」
「それでも、風切り音がするなら、
外すしかないでしょう」

スクリーンを切ります
どうせ、もう必要のない物なので、
どうにでもなれ、という思いで
スクリーン部の上半分を切断しました。
バイク屋さんにやってもらいました。
切断した後に、丁寧にやすりまで
かけてもらいました。
Adres20090410_025.jpg
※上半分を切断です。

Adres20090410_118.jpg

Adres20090410_022.jpg

費用は、なんと無料でした。
ありがとう、ございました。

見た目もすっきりした感じで、
いいな。
それより、肝心なのは「風切り音」です。

さっそく、実走してみると、
あれほど、耳障りだった風切り音が
皆無です。
ゼロです。
全くありません。

いわゆる、スクリーンの役割はありません。
しかし、そんな軽度なことより、
耳障りな風切り音がないことが
とても、うれしかったです。

なにもついていない、Adresより
見た目も良(く見えます)いです。
そして、ナックルバイザー部分は
残っているので、冬でも乗れます。

切ってよかった。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR