羽衣セキセイインコ手乗り化計画

羽衣セキセイインコ手乗り化計画




外に出るのは慣れた
2013年2月6日に購入した
羽衣セキセイインコ(荒鳥)の
手乗り化計画は、少しずつ
前進しているように思います。

具体的なステップは
①外にでることに慣れる。
②外でエサを食べる
③人に止まる
④手に乗る
⑤手に寄ってくる

以上が私が考えたステップです。
2013年2月20日現在、
①外に出ることに慣れる、は
クリアしつつあります。

しかし、カゴから外に出るときは
カゴに手を入れて、つかんで
出しています。
このカゴには、
この羽衣セキセイインコの他に
2羽のセキセイインコがいるので
(この2羽は完全な荒鳥です。
すぐに逃げてしまいます。)
ドアを開けておけないので、
そうしています。

カゴから出す時も
カゴからつかんで出す時の反応も
以前とは、違いがあります。

以前は、つかむまで時間がかかりました
しかし、最近はカゴに近くに
手があっても、ほとんど逃げません。
その上、外に出ることが日課のように、
待っているような感じさえ受けます。

ですから、本当にすぐに、
捕まえることができます。

現在はステップ②?
手乗り化計画のステップ②の
「外でエサを食べる」ことも
クリアしています。

カゴから出して、毎回行うことは、
手の上(中)で、エサを食べさせることです。

食べること自体は、購入後すぐ
できましたが、その時はおっかなびっくり
状態でしたが、今は落ち着いて
エサを食べています。

ちなみに、手の中でエサを食べる時の
スピードがすごく速いです。

くちばしの違いもあるかもしれませんが、
同様のことを文鳥にもしていますが、
文鳥と比較すると、そのスピードは
5倍くらいあります。
指でのひとつかみのエサは
あっという間になくります。

同様のくちばしの、
オカメインコや
ホオミドリアカオウロコインコと
比較しても異様に速いです。
CIMG2755.jpg
※オカメインコや文鳥といっしょに

部屋を飛びます
エサを食べたあとは、
毎回ではありませんが、
部屋の中を飛びます。

飛んでも、着地するときは、
自分がいる所から、
遠いところではなく、
近いところのカゴに止まります。

まだまだ、人間には止まりません。

飛んでも、手に届く範囲なので
管理も楽です。
荒鳥であればあるほど、
手に届かないところ、
家具の裏側などに行ったのでは、
捕獲することは、
非常に困難です。

遊びも近くで
飛び回った後や、
エサを食べ終えた後で
遊ぶ時でも、カゴ周辺で遊ぶので、
これまた、管理が楽です。

今思えば、この鳥は荒鳥というより
ショップで、手乗り崩れに
育てられたのかと思います。
そう思えば、購入直後から
手を出してもあまり逃げなかった
ことも納得がいきます。

そんなことより、
エサを食べるにしても、
外遊びにしても、
手に届く範囲にいるので
手乗り化計画も
うまくいくのではないかと
淡い期待を持っています。

焦らずに、ゆっくり、
自然に進めていきます。
CIMG2806.jpg ※オスとして売られていましたが、
 本当にオスですかね?



ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR