FC2ブログ

AdresV125 #5 慣らし運転Ⅱ

AdresV125 #5 慣らし運転Ⅱ


前回の回顧
前回は2009年4月6日現在、
購入時から約20日経過で、
走行距離324kmでした。

1,000kmまでの慣らし運転は
まだ続いています。
慣らし中は、最高速度を
60km/hにして、走っています。
また、走る道路も
なるべく、交通の流れが
60km/h以下の道路を選んで
走っています。

溜まります。ストレスが

でも、楽しい
確かに、最高速度が60km/hというのは
辛いです。しかし、「いなか道」を行けば
ストレスなく、慣らし運転を満喫できます。

この期間中は、単に60km/h制限
だけでなく、「急」の付く運転もしません。
したがって、加速を楽しむことは
できませんが、

この小ささ、この軽さは
気持ちの中に「どこでも、行ける」
という言葉でいっぱいです。

細い道で、たとえ道を間違えても
その場で即、Uターン。

とても、お気楽バイクです。

わざと、遠回りを
1,000kmまでは、早く慣らしを
終えるために、必要でない時でも
AdresV125をわざわざ、出したり。

わざと、遠回りの道を選んで
走ったりしていました。

しかし、それは苦痛ではありません。
慣らしの範疇でも、小気味よい加速
があります。
お気軽感も手伝い、どこにでも
行ける気になります。

そして、500km時点で
この期間は、スロットルの絞りも
ほんの少しです。
手首が少し動くぐらいです。

そこで、頭によぎるのが、
このままでは、低回転エンジンに
なってしまうのでは?
実際にはそんなことは
ないと思いますが、

私流の慣らしでは、
低回転のクセが付かないように、
500km走行の時点で

●スロットル(アクセル)全開。
●各ギアでレッドゾーンまで回す。
●最高速を出す。
の3点を行います。

AdresV125の場合は、
タコメーターがありませんので、
レッドゾーンまで回す
ことを、目で判断できないので
スロットル全開と最高速の
2点を実行します。

今まで、ほんの少ししか
スロットルを回したことがなかったので
この時は、本当に加速のすばらしさ
に感心しました。

車の流れをリードできるどころか、
ミラーから車の姿がなくなります。

もちろん、車が全開で
発進したとてもリードできませんが、

この時ばかりは、わずか125ccの
排気量がもっとあるのかと
思いました。

最大馬力11.4psですが、
車重が86kg、これが効いています。

軽さは武器だと、実感した瞬間です。

そろそろ、1,000km
遠回りしたり、必要以上に乗ったりで、
慣らしの1,000kmがそろそろです。

1,000kmの写真を撮りたくて
980kmくらいの時に
わざわざ、遠く、交通量の少ない
道を走りました。

これで、1,000kmになっても、
いつでも、どこでも、止められます。

The time has come at last.
そして、その時が来ました。

Adres20090420_029.jpg
※ついに、1000kmです。
この時が、2009年4月20日です。

購入日が、2009年3月18日です。

前回の、324km時が、
2009年4月6日撮影です。

324km時点まで約2週間、

324km時点から約2週間、

4月に入り少し暖かくなり、
余計に走りました。

これで、慣らしが終了し、
ストレスが無い走行ができます。

Adres20090430_085.jpg

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

kamejyu

Author:kamejyu
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
Luxman時計
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR